思い出

漠然とした感覚で取引

漠然とした感覚で取引

(公開: 2014年9月 1日 (月)

パソコンの前に座ってつねに上下している為替レートをご覧になっていると、どことなくトレードをしなくてはいけないという抑えようのない気持ちが生まれる状況も多いと思います。

 

しかしながら、不確かな考えで取引するのは避ける必要があります。

 

事実、為替相場は年中いかなる時でも外国為替相場が変化しているしマーケットもいかなる時でも、変動している。

 

しかしながら、何度もエントリーを積み重ねるとその回数だけ損をする危険性が増します。

 

無論、売買の数を積み重ねる事で、勝利する確率が50%、50%に近づくのは事実です。

 

けれどもその事は「漠然とした感覚で取引」することとは別の話だ。

 

トレード回数を重ねるとは自分が「ここはいける」と考える確信を得られた場合のエントリー回数を積み重ねるという事です。

 

理由がなく、次々と売買をするのとは明確に違います。

 

外国為替相場の勝負に負けないためには、自ずから考えてメリハリをつけることこそが必要です。

 

「ここがチャンス」と思った市場の時には迷うことなく所持ポジションを多くして儲けを狙います。

 

「悩ましい為替相場でどう上げ下げするのか読めないな」と思い至った時は執着しないで所有ポジションをひとつも残さないでクローズして黙っています。

 

それくらいの緩急をつけた方が結果的には売買は成功します。

 

相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

まったくその通り。

 

取引とは休みなくポジションを所有する事が全部ではなくポジションを持たないでじっと待っている事も場合によっては、相場です。

 

じゃあ、いつ休みどきなのでしょうか。

 

最初に言われるのが前述したように、これから先の外国為替市場が具体的に見通しがきかない時ですここから上がるのか下がるのか決断できない時は、ヘタに動くと、自分の作り上げた筋書きとは反対の方向に相場が向ってしまい、損してしまいます。

 

そのため、こういった時はポジションを閉じ、何もしないで黙ってみているだけが良い方法です。

 

もうひとつは、体の状態が変なときです。

 

体の具合と外国為替市場に関係性はないと思う投資家もいると思いますが現実には考えている以上に関係があります。

 

体の具合がすぐれなければ為替相場の判断しなければいけない状況で、必要な決断を下すことができない。

 

やる気がわかない時は、取引から距離を置くことも必要な事です。